UNISONPLANET ユニソンプラネット 大規模医療機関サイト構築

コラム

COLUMN

ウェブマーケティングコラム

ホームページリニューアルの鍵!ターゲットと目的の明確化2020/07/29

WEB制作全般


集客アップやSEO改善などのメリットがあるホームページリニューアルですが、効果的にリニューアルするためのポイントをご存じでしょうか?
ホームページリニューアルはなんとなくのタイミングでおこなうものではなく、しっかりと目的やターゲットを明確にした上でおこなうことがポイントです。
目的やターゲットを踏まえて課題や問題点を解消して、はじめて効果的なホームページリニューアルがおこなえます。
今回はホームページリニューアルを成功させる鍵として、以下5つの考え方/進め方を解説します。

  1. 1.まずリニューアルの目的を明確に定める

  2. 2.ターゲット像(ペルソナ)を定める

  3. 3.ターゲットが求めているコンテンツを考える

  4. 4.ターゲットの思考を考えるためのフレームワーク

  5. 5.明確化する事で、結果の出るホームページリニューアルに!



まずリニューアルの目的を明確に定める





ホームページリニューアルを実施する際にまずおこないたいことが、リニューアルの目的を明確化することです。
ホームページ運営と同じように、リニューアルも目的に応じて取るべき戦略・リニューアルすべき箇所が異なるためです。
ホームページをリニューアルする目的と改善すべきポイントの例としては、以下のようなものがあげられます。

  • SEO対策を強化したい場合
    →コンテンツの更新やサイト機能・セキュリティの強化などをおこないます。

  • ユーザビリティを向上させたい場合
    →サイト設計の見直しやページの表示速度改善などをおこないます。

  • サイトデザインを刷新したい場合
    PCだけでなくスマートフォンやタブレットでの閲覧にも考慮しながら、サイトデザインの見直しなどをおこないます。

ホームページリニューアルをおこなう際は、上記のように目的を明確にした上で適切な戦略をとることが重要です。

ターゲット像(ペルソナ)を定める




目的を明確にしたら、次にホームページのターゲット像(ペルソナ)を今一度定めましょう
どのような層をターゲットとするかによって、リニューアルの方向性が異なるためです。
例えばサイトデザインを刷新したい場合であっても、40代の男性をターゲットとする場合と10代の女性をターゲットとする場合では、目指すべきサイトデザインは当然大きく異なります。
上記は極端な例ですが、ターゲット像(ペルソナ)を設定する場合は実際にホームページを閲覧/利用するユーザーを可能な限り詳しく想定することが重要です。
上記の例であれば、40代男性の中でも「職業、収入、家族構成、趣味、性格」など、さらに詳しくペルソナを設定できます。


【アクセス解析ツールを活用したペルソナ設定も有効!】
Google公式のアクセス解析ツール『Googleアナリティクス』を活用すれば、現在ホームページに流入してきているユーザーの属性が確認できます。
現在のユーザー層を参考にすることも、ペルソナ設定をおこなう上で有効な手段と言えます。

ターゲットが求めているコンテンツを考える




ターゲットの設定ができたら、次にターゲットが求めているコンテンツを考えましょう
リニューアルの必要性を感じた場合は、ターゲットに必要なものが提供できていない状態である可能性があるためです。
どのような目的でリニューアルをおこなうにしても、設定したペルソナに基づいてターゲットに向けたコンテンツを発信することが重要です。
逆にターゲットにそぐわないコンテンツについては、思い切って削除することも検討しましょう。

ターゲットの思考を考えるためのフレームワーク




ターゲットの思考を知るためには、検索キーワードを知ることが重要です。
検索キーワードを知ることで、ターゲットの意図やニーズ、キーワードとホームページとの適合率が判断できるからです。
検索キーワードをチェックする際は、とくに以下のようなポイントに注目しましょう。

  • どのようなキーワードでホームページに流入しているか
    →ターゲットが何を求めてホームページを訪問しているかがわかります。

  • サジェストキーワード(Googleが提案してくる関連キーワード)にはどのようなものがあるか
    →ターゲットのニーズについて、パターンや詳細がわかります。

  • キーワードによって、ホームページの滞在時間に違いはあるか
    →各キーワードと訪問ページとの適合率がわかります。

明確化する事で、結果の出るホームページリニューアルに!




これまで見てきたように、ホームページリニューアルで結果を出すためには明確化が鍵となります。
目的やターゲットの明確化はもちろん、リニューアル実施後の効果測定も明確化することを忘れないようにしましょう。
なおこれらの明確化については、今回ご紹介したGoogleアナリティクスをはじめとした解析ツールなどを用いて数値化/可視化しながらおこなうことがポイントです。

まとめ



今回はホームページリニューアルを成功させる鍵として、5つの考え方/進め方を解説しました。

ホームページリニューアルを成功させるためには、目的やターゲット、効果測定の明確化が鍵となります。

ユニソンプラネットではサイト構築やWebコンサルティング、マーケティングツールなど、”ホームページリニューアルで結果を出す”ためのサービスを多数ご提供しています。

「ホームページから集客がない」とお悩みの方は、ぜひお問い合わせページからお気軽にご相談ください。


一覧へ戻る

RECOMMENDこの記事を見てる人におすすめ

RECOMMEND関連記事